香港の田舎で飲茶を食べる 川龍村 端記茶楼


香港人がわざわざ遠出をしてまで飲茶を食べに行く場所がある。
香港に住んでる人なら聞いたことはあるはず、川龍村に行ってきた。
旅行者はまずここまで足を延ばさないだろうね。
なんせ赤いMTRの終点、荃灣駅にまず行かなきゃいけない。
ここに行くのに40分くらいかかる。
終点といってもこんな感じ。この段階では決して田舎というわけじゃない。
けど、香港人からしたら田舎なのだそうだ。


昔ながらの質屋が良い雰囲気。どのくらいで買い取ってくれるんだろ。

少し街中に入ってバスを待つ。結構人がたくさん。80番ミニバスで行けるらしい。

下りたところにはプレハブの役所みたいな建物がある。

建物は低くなって、良い雰囲気。

これぞ香港の田舎という感じ。

こんな祠も

そして遠くに目的地が見える。川龍村には二件飲茶があって、バス下りたすぐのところと、
下ったところに一軒ずつ。

ここ。端記茶楼。


普通の家くらいの大きさしかない。座れなそう。
と思ったら、びっくり。
せまーい階段をのぼった上には沢山テーブルがあった。しかも見晴し最高。
だけどほとんど満席。この田舎で。

噂のポリバケツにはいった杏仁豆腐。シロップと黄粉みたいなのをかけて食べる。うまし!

一階にはいろんな飲茶が次々と並べられて、それをセルフサービスでとっていく方式。

普通に旨いレベルだけど、開放感ある場所で食べる飲茶は5割増しの旨さ。

とくにこのクレソンがここの名物らしい。クレソンって言ったらステーキに出てきて、
食べていいか迷うあれ。正直、おいしいけど、めちゃめちゃおいしいかといったら微妙。
健康によさそう

すぐ下にクレソン畑があるのだ。
香港で、こんな畑みたいなのを見る機会はまずない。
ビニール袋一杯で10HKDか20HKDくらいでその場で買える。買ってもどうする?

おなかいっぱいに食べて、最後におじさんが勘定してくれる。
どうやって計算しているのかはよくわからない。
一人250HKDだった。
週末はこんなところでのんびりするのもいいです。
ただ、行くのに結構時間かかるから頻繁にはいけないな。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *