ANAのビジネスクラスに乗ってみた。

香港に住んでる大抵の人がそうであるように、キャセイのヘビーユーザーひろです。
でも今回は気分転換にANAのビジネスクラスに乗って日本に帰ってみました。
ANAのラウンジがあるのかなと思ったら、案内されたのはここ。SLIVERKRIS LUNGE。
このマークからして、シンガポール航空のラウンジですかねここは。

なんとも殺風景。

コーヒーマシンに、ジュース、なんか物足りない。

奥に進んでいったら、食堂的なところがありました。

ちょっとした軽食も。まあ、深夜便で帰るので、料理が少ないのは仕方ないですね。
今回は、金曜夜の深夜便で帰って、日曜夜の深夜便で戻ってくるという弾丸旅行です。

カピカピになってるパンのおつまみ発見。


ちゃんと、いろんなお酒が注文できるスペースもありました。

極めつけはこれ。ラクサのヌードル。旨し!
これを食べると一気にシンガポール気分になりますね。ここ、香港ですが。
やっぱりここはシンガポール系のラウンジみたいです。

んで、これがANAのビジネスクラスです。
まあ、香港―東京間は5時間程度なのでフラットタイプのやつじゃないのは仕方ないですね。

一応スリッパとかはついてる。

ビジネスクラスのディスプレイ。ショボい。これって、キャセイのエコノミークラスレベルじゃない?
なんで日系のやつってどこも機材が古いんだろう。

ご飯。夜食なんで簡単な食事です。

それにしても、このディスプレイ、横についてて糞じゃま。飯食ってる間まともに観れないじゃん。
このデザインの面倒臭さ、なんか懐かしい。

やっぱ日系の航空会社は微妙です。高い金払って乗る意味がわからない。
強いて言えば、日本の映画が観れること。
やる気出せば、日本人のフライトアテンダントと知り合えること、くらいか。。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *