アモイ旅行 14 廃墟ホテルに泊まる。

人との出会いが人生を変える。
フェリーは割と大きなターミナルに到着した。

タクシーでアモイに予約しておいたホテルへ。
せっかくなので、良いホテルに泊まろうと、アモイの中でもBooking.comで4つ星の高めの場所を予約した。
イーダヴォーグホテル(Yida Vogue Hotel) -Booking.com
一泊一万円ほど。
写真で見てもとても綺麗そうなホテルだったので、少しワクワク。
それで、タクシーが連れてきてくれたのは、廃墟でした。
もう潰れたKTV。ボロボロのビル。
はがれてぼこぼこになった道路。
ここ入って大丈夫なのか、とタクシーの運ちゃんが心配する始末。
そのおんぼろビルの奥で、そのホテルはちゃんと経営を続けていた。こちらが入り口。

やっぱり、Booking.comとかに載ってる写真は良くて8割掛けで見ないとダメね。

だけど中に入ってみると綺麗だった。


部屋も広い。


外は更地。

カーテンを開くと透け透けトイレ。これはどうかと思う。
でも、こういうホテルが中国とか台湾はホント多いからもう違和感がない。

コーヒーも置いてあるのはプラスポイント。

こちらは次の日の朝食。一応朝食付きなのです。


まあ、大したことないけど、悪くもない。

それよりもセーフティーボックスの上にコンドームが置いてあるのが残念。
ここはそういう目的のホテルなんだろうね。
もともとはKTVの隣にあったホテル。潰れるまではそのために使われてたんでしょう。
数年前に中国では風俗の一斉掃討があったと聞く。その時にここもやられちゃったのかな。


ホテルから少し歩いたところに山西料理の店を見つけた。

山西料理というのはあまり聞いたことが無い。どういう料理なのかもわからない。


この豚の甘酸っぱい炒め物、めちゃくちゃ美味しかった。こういう中華ならいくらでも食べたい。

水餃子もGood。

ほうれん草の炒め物。

刀削麺。って日本では結構人気だけど、中国であんま食ったことないな。

これは麺に三種類のタレをかけて食べる刀削麺の料理。コンセプトは面白い。でも味はそこそこ。

今回のアモイ旅行で一番うまい店だった。アモイに来たら行く価値がある。
晋膳 - dianping.com


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *