香港では自分で焼けるたこ焼きにどれだけの価値があるか

ここは、ごく普通の石焼きビビンバ屋だった。
特に人気でもないけど、そこそこおいしい飯がそこそこ安く食べられる場所だった。
今、そこは簡単に入ることができない予約でいっぱいの人気店になっている。
着目点次第でここまで変わるものなのか、客である僕も驚いているけど、
実際店長さんが一番驚いているじゃないだろうか。
手作りたこ焼き。

香港にはちゃんとした「たこ焼き」を食べれる場所が非常に少ない。
たこ焼きはあっても、油ギトギトで人参が入っていたり、マヨネーズがものすごくまずかったり、
似たような形をしていても全く別物であることが多い。
今や、香港人の日本食好きはマニアックなレベルにまで達しつつあり、
一般的な日本食とか、ラーメンとか、メジャーなものは余裕で押さえて、
こういったニッチな食べ物にも注目が集まるようになっていることを実感する。
自分で作る「たこ焼き」に香港人が殺到してる。

実際、僕も来ちゃった。。だってたこ焼き好きだもん。

そして、たこ焼きを作るのってとても楽しい。
やってみると意外と難しかったりする。

そんで、ああだこうだ奮闘していると、見かねた店員さんが近づいてきて、自分の腕前を披露しようとする。
いやいや、別に旨くできなくてもいいから、
これ作りに来てるんだから勝手に完成させんなよ。
と、若干イラッとしたりする。
そして、何とか完成。味は大したことなくても、自分で作るとなぜか旨く感じる。

しかし、一回いっぱいに作れば無くなっちゃうくらいしか材料をくれないので、値段は全然高い。
まあ、二度はこのために行かないだろうな。


それでも、たこ焼きが恋しくなったら行く価値あり。
それとも香港人の女の子に自分のたこ焼きの腕前を披露するとか?
Openrice- 大阪李朝園 Richouen


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *