不味いことでしか有名じゃない味千ラーメンだけど


僕は昔、池袋に住んでいた。
僕の家は立教大学の裏の方にあった。
家の近く、大学の横にはひっそりと一軒のラーメン屋が立っていた。
そのラーメン屋は「味千ラーメン」という聞いたこともない店だった。
味は可もなく不可もなく。
ただ、期待値が低かった分、思ったよりもいけんじゃんという気持ちが沸いたことを記憶している。
僕は日本を飛び出して海外にでた。
世界では、どこに行ってもラーメンといえば「味千ラーメン」だった。
あれだけ日本で存在感の無いラーメン屋が、世界を支配していたことに僕は驚いた。
もう10年も前のこと。
日本では大して有名ではないラーメン屋が、偉そうに存在感を出していることに不快感を抱いた。
海外で出会った人たちが、味千ラーメンに行こうと言っても、僕は頑なに断った。
そんな不味いもの食いたくない、と。
そして、周りの日本人からも味千ラーメンは不味いという話を何度か聞いていたので、
大して食ったこともない癖に、味千ラーメンは不味いという評価が僕の中で確定し、
味を知りもしないくせに、味千ラーメンは不味いからやめといた方がいいよと、人に言っている自分がいた。
ふと気づく。
味千ラーメンって、どんな味なの? 千種類の味がするのんかな?
香港にも味千ラーメンはもちろんいろんなところにある。
僕は、初めてトライしてみることにした。
安くて、出てくるの早くて、そして人気無いから並ぶこともなくて、
味は、別に不味くなかった。
空腹を満たしてくれるには十分の味だった。
むしろ、旨いんじゃね?という気持ちがほのかに沸くくらいだった。
何を僕は嫌悪していたんだろう。
あの、トレードマークの中国人の女の子はとても可愛らしいのに。いや、若干むかつくか。
Openrice -味千らーめん TST店


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *